前回:Apple AirPods Pro (第2世代) / 高いポテンシャルを感じる最新AirPods

先日紹介した第2世代のAirPods Proを10時間ほどエージングかけて音がどう変わったかということを報告したいかなと思います。
ただそれだけだとあっという間に終わるので、地下鉄に乗ってANCの効果も体感してきましたのでそちらもご報告をいたします。
airpodspro_anc_01



まとめ

  • エージングにより各帯域の刺さり具合は減少して迫力のある中低音が楽しめるようになりました
  • ANCはとても強力ですが、地下鉄の音も人の会話レベル以下の音にしてくれます


〰️ 〰️ ➰ 〰️ 〰️


10時間ほどのエージングをして

購入した直後の音の傾向は前回に書きましたが、今回はYoutubeで配信されている5時間のエージング用のピンクノイズを2セットかけてエージングを行いました。
途中で音の変化もチェックすればよかったのですが、いつも10時間ほどかけているので今回も10時間分の再生後に確認をしました。

エージング後ですが、やはりシャープをかけたような音の鋭さは無くなりました。そのためそれぞれの帯域の音がとても滑らかで刺さりの無い音へと変化しています。やはりエージング必要だったか。

低音域は安定感が増して迫力がありつつもブレの少ない音になっています。中高音域の音で低音の音が乱されるイヤホンもわりとあるのですが、このAirPods Proではそういった現象はほぼありません。全く無いとは言いませんが。
私の中でわかりやすいなと思っているのが、UVERworldの30というアルバムに入っている「NEVER ENDING WORLD」です。冒頭から流れる、イヤホンだと顔全体を揺らしてくるかのような低音が響いているところが、イヤホンによっては同時に流れているポンポンポンという音に引っ張られて揺れるのですが、このAirPods Proではほとんど揺れることなく一定の重低音を維持してくれます。
ちなみに、中盤から入ってくるシンセがエージング前ではかなり刺さりやすい音でした。

ボーカルなどの中音域はとても幅広くフラットなイメージで、解像度も分離感も高めなのでそれぞれのパートが区別しやすい音で耳に響いてきます。特に男女で歌う時もしっかりとそれぞれの声を区別できる声で聞こえてきます。

高音域はちょっと伸びが足りないというか伸び切らずに制限がかかっているように感じました。刺さる感じは無くなったのですが、力強くシャリシャリ感のある音が響くので高音域を楽しむバランスになっているとはちょっと思えませんでした。力強さがあるからクッキリした音像にはなっているのですけどね。

総合的には中低音の解像度と迫力を楽しむといった音になっていると感じました。
もちろんこれはこれでいい音だと思います。スピード感があってノリのいい音楽を楽しむのにとてもあっていると思いますし、騒音の多い外出時に音楽を楽しむときはこれぐらいのバランスの方が音をしっかり聴き取れるため音量の上げすぎも防げていいと思います。

ANCオフでまた違った音に

上でちょっと書きましたが、外出時の騒音のある場所で音楽を聴くときに向いているなと思ったのでもしかしてANCを切ることでまた違った音になるのではないか……と思って、設定からノイズキャンセリングをオフにしてから改めて聴き直してみました。
するとある程度想像していた通り、高音域の頭打ちされたような音が改善して突き抜けるような伸びと透明感のある音が出るようになりました。
低音も過度な強調をされなくなり、フラットに近い音になるので室内などある程度静かな環境であればオフにした方が音楽を楽しめると思います。
宇多田ヒカルの「One Last Kiss」がANCのON/OFFで全然違って聞こえるのでとてもわかりやすいなと思いました。ANCがオンだと力強い中低音で圧を感じるような空間になっているのに対して、ANCがオフであれば透明感を感じるような空間で宇多田ヒカルのボーカルも優しくて切ない感じの声になっていると感じられました。

静かな環境ではANCの強度を自動調整してくれるモードとかあるといいのになとは思うのですが、部屋で使うときはANCをオフにして外出時にオンにするという使い方をするのが現状ではよさそうですね。オート機能のあるTWSもあるのでファームウェアアップとかで対応してくれると嬉しいのですけども……。

ちなみに、エージングをANCオンで行うとやはり高音が制限されてエージング効果が現れないようです。高音域をエージングするための30分程度の動画とかもあるのでそちらを使って時短エージングを追加でするといいと思います。私もそちらで1時間ほど追加して補正させました。

ノイズキャンセルの効果を地下鉄で試してきた

エージング記事だけというのもなんなので、ちょうど休日に地下鉄乗ったためついでに軽く騒音どれぐらい減っているのかなと思って試してみました。
おおよその値だとは思いますが、AppleWatchのノイズアプリで第2世代AirPods Proを装着時にどれだけ騒音が減っているかをみれるようになっているので面白いですね。ちゃんとAirPods Proからのフィードバックかどうかは怪しいところですが。

計測は日比谷線の某駅でやってみました。

ホームに電車が入ってくる時の騒音量

airpodspro_anc_02
電車が入ってくるところで、AirPods ProをしないでAppleWatchで計測すると大体82dB程度の音量になりましたが、AirPods Proを装着すると50dB台にまで軽減されているとなりました。
実際に体感している音も、打ち消しを完全にできてるわけではないですし囁き声レベルというほど小さくはできていませんが、会話レベルの音量の程度には下がっていると思います。そのため、音楽を流しているとほぼ気づかないです。ホームを歩くときは気をつけましょう

地下を走行中の車内での騒音量

airpodspro_anc_03
走行中の車内は外にいるより音は大きくないですが70dB台後半とそれなりに大きさがあります。
その騒音量をAirPods Pro使用時では外にいる時と同じぐらいの音量にしてくれています。
体感でも外にいる時とあまり変わらない音量に感じますし、このくらいですと音楽流しているとアナウンスも扉の開閉音もほとんど聞こえません。車内だと遮音性の高いイヤホンでは同じようになる物は多いですが、乗り過ごしや扉が開くのに気づかないままもたれかかっていたりしないように注意してください。
もたれかかるのはAirPods Proを使用している時ではないですがやらかして転びそうになった経験があります。あれは危ない

室内の騒音量

室内でテレビなどをみている時の騒音量を参考までに。
airpodspro_anc_04
室内でテレビつけているような部屋での音量で40dB程度の音量でもAirPods Proが頑張ってしまって20dB台にしているとAppleWatchが言っています。確かに静かなのですが、家電製品が動いていない深夜の寝室レベルの騒音量ですので何もそこまで頑張らなくても……とも思います。前回で耳を圧迫するような感じがすると思ったのはこういうことだったのですね。



━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
楽天モバイル公式 楽天市場店

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─


以上、Apple AirPods Pro (第2世代)でエージングを行なった後の感想とANCの効果でした。
地下鉄でなら適応型環境音除去を体験できるんじゃないかなとか思っていたのですが、85dB以上で働くらしいということは狙ってたものより今一つ足りませんでした。試してみたいとは思うのですけどね。

エージング効果は思っていた以上にあったのでかなり満足なのと、エージングの必要性を改めて感じました。耳に刺さるような音はストレスにもなるので、10時間と言ったじっくりしたエージングでなくても時短タイプのエージング動画とかありますのでそういった動画や配信曲を使って慣らし運転をしてからじっくり使うようにするのがおすすめです。
あ、エージング中はノイズキャンセリングと自動耳検出をオフにすることを忘れずに。



〰️ 〰️ 📦 〰️ 〰️


ご購入を考えの方はこちらから購入してくれると嬉しいです😆


[ 楽天モバイル公式 楽天市場店 ]


[ 楽天市場 ]



[ Yahoo!ショッピング ]